もうすぐ七夕ですね。織姫と彦星が逢えますように♡

こんにちは、花房雨です。

あなたは愛する人と1年に1度しか逢えなかったらどう考えますか。私は、やっぱり寂しい気持ちが募ってしまいます。けれど、恋人を信じる気持ちは誰にも負けないし、誰よりも恋人が信じさせてくれるから別れたくありません。

同じ空の下、生きていることに感謝できる。恋人とはなれようが、私は恋人のことを愛するでしょう。あなたはどんな風に考えますか。

愛や恋は不思議なものですね、縁も不思議なものですね。なんで出逢ったのか、誰もわかりません。けれど、そんな恋人を死ぬまで愛することができる喜びと幸せを感じて生きること。

とてもかけがえのないものだと思います。そんな時間がながくながく続きますように。

あなたは愛されているしい、人を愛することのできる人なんです。今、誰のことも愛していなかったとしても、あなたは愛せる人なんです。心から内側からホンモノの愛を引き出せる。

誰でも愛を引き出せるのです。誰かに特別に備わっているものではないのですから、あなたも勇気を持って愛してみましょう。

愛される人間になるためにはまず、惜しみなく誰かを愛することです。いや、特定の誰かではなくとも愛を捧げることは可能なはずです。

押し付けがましく聞こえてたらごめんなさい。でも、あなたは無限の可能性を持った尊いひとりのあなたという存在。あなたはひとりしかいない。だから、そんな自分をも愛していくことができる。

そうなれば、ひとりでいる時間をも愛して大切にできます。だから、悩まないで。宇宙に広がる愛のパワーを心に刻むのです。

一緒にこれからも恋人や家族、そして友人を愛していくことを続けましょう。きっと、できるはずです。


恋愛相談ランキングに登録しています。

【恋愛メソッド】なにも求めない、与え続ける秘訣を伝授します♡

こんにちは、花房雨です。

今日はタイトルにもあるように、なにも求めない、与え続ける秘訣を伝授したいと思います。あなたはこのタイトルをどう思いますか?「そんなことできるわけないじゃない!」と否定しますか?それとも、「もう実践しているよ!」と答えるでしょうか。

恋愛に入るとき、あなたは本当にその人を心から「愛している」と言えますか?お金や地位や名誉などのステータスで恋人を見ていないでしょうか。また、「寂しさ紛れ」だったり「一緒にいてくれるから」などの一方に頼るだけの関係になってはいないでしょうか。

本当に心の底から「愛してる」のであれば、求める必要がありません。また、相手の自由を尊重しますし与え続けることも可能なんです。

「打算」的に付き合っていると、「なんでこれだけ私がしているのに、わかってくれないの!」などの押し付けがましさも出てくるでしょう。

もう一度、今の恋人を「心から愛している」かどうか自分に嘘をつかずに正直に答えてみてください。むしろ「愛してない」と答える人の方を私は応援します。

矛盾しているようですが、人間とは本来悲しい性を持ったものでありますから、「愛してない」と答えられる人の方がむしろ自然です。

だから「人を愛するってことをしっかりとつかまえなきゃいけない」と思えるのです。あなたを責めようと思っていっているわけではないのです。

あなたの未来にずっと一緒にいるであろう恋人を「愛そう!」と決めたとき、きっとあなたは限りない幸せを感じるでしょう。覚えておいてください。人は愛し愛され生きていかなければならないのです。

愛を持っていないと自覚することから本当の愛へ近づく近道になると私はそう考えます。

人気ブログランキングに登録しています。

【恋愛メソッド】恋人にさりげなく甘えるコツ

こんにちは、花房雨です。

恋人はいますか?いない方はもしできたら、こんな風にしてみようと思い描いてみてください。今日は恋人にさりげなく甘えるコツをご紹介します。

恋人に甘えるタイミングは多々ありますが、その時々のタイミングでべったりされた恋人は「またか……」と思うと思うのですがあなたはどう思いますか?

甘えるときは焦らないでください。焦って同じ時間を共有しているあいだに何度も甘えようとするのは無理があります。

silhouette-823160_1920

さりげない女性・男性になるためには、まずゆっくりした気持ちで相手と向き合いましょう。セックスを無理に求めすぎたり、キスを無理やりしたりもNGです。最初は良くても、これから長く付き合う相手と思うならあまりおすすめできません。

お互いに主体性を持った人間同士なのですから、まずは相手の気持ちや感情に寄り添うところからスタートしましょう。

聞き役に回るということではありません。気持ちに寄り添うことが、なんでも鵜呑みにするということではないからです。「そう思わない。」そういう答えでも相手の考えには寄り添ってるわけですから。

会話を楽しむことが大人の恋愛メソッドでは、大切になってきます。猛獣のように(?)セックスするだけなら若いときに、経験されたでしょう?それだけじゃ、虚しいだけです。大人の恋愛でもときにはそういうときもあるかもしれませんが……。

話が逸れました。甘え方ですが、1日にひとつだけと決めてみるのはいかがでしょうか。

ひとつだけなら、だらだらと甘え続けられていた相手がすんなり聞いてくれると思いませんか。今日は「キスしてほしい」と思ったら、それだけをタイミングを見て話してみる。

今日は「肩を揉んでほしい」と思うなら、その要求だけをしてみる。そうしていくだけで、2人の関係性もよりよく変わっていくはずです。それでは、今日はこれまで。

人気ブログランキングに登録しています。